無特典で異世界転移させられた彼らの物語シリーズ

無特典で異世界転移させられた彼らの物語シリーズ

異世界転移させられた高校生6人の、ハードモードな冒険活劇。女子同士が仲良かったり、高校生男子の友情(笑)とワチャワチャ楽しく遊んだり冒険したりしています。全8巻予定ですが本編は完結済みなので、安心して読んで頂けます!!

f:id:kisaraya:20210519213623p:plain f:id:kisaraya:20210519214234j:plain f:id:kisaraya:20210904100840p:plain

【Ⅰ】新しい人生のはじめ方
 なろう第1部を改稿し収録
 +書き下ろし(シャロンがヒロに一目惚れした時の話) 

 ▶kindle版 600円 → kindle (Unlimited対応)       
 ▶文庫同人誌 1400円 → BOOTH (在庫確認ください)
  ※送料370円 オンデマンド/フルカラーカバー/P300

【Ⅱ】ナモルタタルの新米冒険者たち
 なろう第2部を改稿し収録
 +書き下ろし(深夜のぶらぶら(下品)事件。コメディ)

 ▶kindle版 600円 → Kindle (Unlimited対応)      
 ▶文庫同人誌 1700円 → BOOTH (在庫確認ください) 
  ※送料370円 オンデマンド/フルカラーカバー/P340

Ⅲ】魔術都市アレ・テタルの悲哀

 なろう第3部を改稿し収録
 +書き下ろし(シュウ目線の5人の第一印象の話)

 ▶kindle版 600円 → Kindle (Unlimited対応) 
 ▶文庫同人誌 1500円 → BOOTH (在庫確認ください) 
  ※送料370円 オンデマンド/フルカラーカバー/P320

【Ⅳ】シェラストラルの森で

 なろう第4部を改稿し収録
 +書き下ろし(沽券に関わるかもしれない少々下品な話。コメディ)

 ▶kindle版 600円 → kindle (Unlimited対応) 
 ▶文庫同人誌 1800円 → BOOTH (在庫確認ください) 
  ※送料370円 オンデマンド/フルカラーカバー/P382

new

【Ⅴ】ナナクシャールの残響

 なろう第5部を改稿し収録
 +書き下ろし(真夏の夜の少々下品な話。コメディ)

 ▶kindle版 600円 → kindle (Unlimited対応) 
 ▶文庫同人誌 2000円 → BOOTH (在庫確認ください) 
  ※送料370円 オンデマンド/フルカラーカバー/P430

f:id:kisaraya:20220403102608p:plain 


(以下8巻完結まで続刊予定)

f:id:kisaraya:20211114084133j:plain

無特典で異世界転移させられた彼らの物語

 

8巻(最終巻)に向けての自己満足な企画

現在「無特典シリーズ」の6巻と7巻の改稿中ですが、同時進行で最終巻である8巻の装丁やら特典(笑)のアイデア出しをしています。
5月か8月のイベント出店をもくろんでいるせいで、色々同時進行で己の首を絞めているのです……。

ダッタザートの話は長すぎて、1冊にまとめると900pとかになっちゃう。
そんなぶ厚い文庫サイズの同人誌を(少部数で割安に)印刷してくれるトコロなんてないのです。
苦肉の上下巻なのですが、これが改稿を難しくしてるんですよね……。

首を絞めているもう一つが、8巻につけたいと勝手に企んでいる特典です。
無特典シリーズも最終巻くらいは特典(笑)をつけたいと思ったのです。完全なオマケなので自分の趣味丸出しの特典(笑)にしようと考えたのですが、ここで問題発生。

アキラの植物図鑑にするか、間取り本にするか、決められなかった。
方向性が全く違うので一つにまとめるのは避けたい。かといって二つ作るほどの余力はない……。

そこで先日、Twitterのアンケート機能を使ってご意見をうかがいました。

みなさん間取りが好きなんですね。
私も大好きです。

Twitterで公開している間取りは、現代の建築っぽい間取りなので、これを改稿後の間取りに修正し、ファンタジー風に清書して色を塗って、生活感というか彼らの住んでいた世界の空気感が伝わるような特典にしたいなぁと勝手に盛りあがっています。

ちょうどリンウッドさん初登場のあたりを改稿していたので、気分転換(現実逃避)にこんな感じかなと作ってみたのですが……本番ではもっと丁寧に清書しますね。

薄っぺらいお家図鑑(タイトル未定)本ですが、作者の自己満足に付き合っていただけると嬉しいです。

ご長寿8章の予定も近々ご案内できるといいな。
雑談でした。

【宣伝】現時点での最新刊はコチラ

 

雑談

8月ももうすぐ終わります。
ご長寿7章連載は半分くらいまで進んでます。話数としては折り返しかな。

7章と8章は時間軸として繋がっているので、連載はできるだけ間をあけたくないのですが、連続となると難しい気がします。

だって8章は火蜥蜴だもの。
新しい~を書いていたときから、いつかは書きたいと思っていたエピソードなので、ちょっとじっくり書きたいというか……紙の本の改稿がほとんどできていなくて(夏期休暇がさまざまな都合でなくなってしまったのです)、どっちを優先すべきか悩ましい。

紙の本ダッタザートも長くて構成に悩むエピソードですし、こちらもね、連載はじめる前から書きたかったエピソードをいくつも詰め込んでいるので時間をかけて改稿したいし。

表紙のデザインも写真も全く(候補すら)決まってなくて。
いろいろと遅れに遅れています……。

時間が足りないです。
一日が48時間あれば…たぶんやっばり足りないって言ってそう(笑)。

9月の三連休に賭けるしかないかな。
少なくともそのころには紙の本の改稿ができればいいなぁ。

頭の中にある8章のエピソードもちゃんとプロットにして残しておかないと、忘れそうです(笑)。特に会話。

ブロットといえば、少し前にTwitterのRTで答えるやつ、RT足りなくて答えてなかったのに「プロット作るor作らない」というのがありましたが、私はプロット作る派です。

ただしゆるめのプロットを作って書きはじめ、書いているうちに膨らんだりそぎ落としたりします。プロット通りにならないことが多いです。

新しい~は6部までギチギチにプロット作ってました。
ところが4部(王都)から予定外の方向に進んだため、それ以降のプロットを破棄し、場所と登場人物だけをのこして新たにプロット作り直しました。

ただ作り直したものは最初のような詳細なものではなくて、どんな出来事が起きる、誰と誰がどう動く、目指す結末、と割と大雑把なものでした。
王都までに30万字以上も書いてきたわけですから、キャラクターが勝手に動いてくれるくらいまで成長していました。だから最初のような隙間を作らないプロットよりも、通過ポイントだけ作って、好きなコースを走ってもらうほうがベストだったのだと思います。

ご長寿は連載の最初から大雑把プロットです。
おかげで推敲が大変です(笑)。

RTの、もう一つのもついでに回答。

「お気に入りの過去作」ですが……過去ということは無特典以外ですよね。
三つあります。

一つは大昔に書いた誰も知らないであろう一次創作(小説)です。同人誌作って当時は少なかった創作系のイベントに出てました。

稚拙なので読み返すのも恥ずかしいけど、はじめて感想を頂いた一次創作の小説なので、思い入れは凄くあります。内容的にリメイクも改稿も成立しないので二度と表に出せないですけど。

二つ目、これもかなり古いな。アキラやシュウのようなタイプのキャラクターたちが主役です。二人のようなタイプはかなり古くから好きで書いていたみたいです。

三つ目は少し前に書いた二次創作の長編かな。
少し創作活動から離れていて、久しぶりに書きたくなったのが二次創作でした。
でも私の書く二次創作って、昔から一次で書けよって物語ばかりなのですよ(笑)。

二次創作で書きたいことがなくなったら、一次創作で書きたいものができて今に至るわけです。

とりとめもなく書いてきましたが、雑談だからOKですよね?

明日の投稿分の推敲は、朝活で頑張ります。
おやすみなさい。

 

【宣伝】